糸によるフェイスリフトを受けたら

受け入れられない老化に直面

女である以上、何歳になっても綺麗なままでいたいと思うもの。
花の命は短いのかもしれないけれど、全ての花が短いわけでは決してない。
そしてなるべく美しく咲ける時期を長くする為に、努力を惜しまないことが何よりも大切なことなのだ。
例えば同じように綺麗な薔薇であったとしても、手入れが雑でしっかりと世話をしてくれない持ち主に育てられてしまったら、あっという間に枯れてしまうことでしょう、きっと。
それに対してしっかりと水をやって大切にしてくれる持ち主の元では、一般的な薔薇よりもより長く美しく咲き続けることができるのだ。
女性というのも花と一緒で、しっかりとした努力を惜しまないことが、いくつになっても綺麗であり続けられる秘訣であると言っても良いのだと。
しかしそんな私も40歳を過ぎたあたりから、徐々に肌の老いだとか衰えというものが気になりだしてしまいました。
ただ自分では認めたくなかっただけであって、実は老化自体は30代半ばあたりから既に感じていたことだったのだ。
しかし30代の頃の老化というのはシミであったり、せいぜいファンデーションで頑張って隠すことが可能なものであり。
40歳を過ぎてから直面した現実、それはシワとかたるみといった、メイクだけではなかなか隠すことが難しいものだったのだ!人間なのだからどんなに美しい人であったてしても、いつかは老人になっていくもの、そんな当たり前の真理をなかなか受け入れることができず、何とか少しでも若く見せることができないものかと、この期に及んでまだ諦めの悪い私は考えていました。

【フェイスリフト】フェイスリフトで容姿も気持ちも若返り! http://t.co/BxGmod3CaJ #アンチエイジング #老化

— 自然力研究所@Daily News (@NPLaboratory) April 30, 2015

受け入れられない老化に直面 | 私が求めていたイメージはこれ!! | 最近の美容技術はいくらでも綺麗になれる